水漏れの理由

水漏れの理由 自宅の水回りの水漏れトラブルが起きた場合には、主として3つの原因が考えられます。その3つの原因に対して的確な修理を行っていけば、スムーズな修理を進めていくことが出来るようになります。原因の探索はプロの業者に依頼したほうが確実な場合が多い物です。毎日の生活を快適にするために、水回りのケアは十分に行って行くことが肝要です。わからない点がある場合には水道業者に問い合わせて確実なケアを行って行くことがおすすめです。水回りは常に清潔に保つように心がけます。掃除を自分ですることが難しい場合には業者に代行してもらってもいいでしょう。

■配管の劣化の可能性

水回りのトラブルの原因の一つに配管の劣化の可能性が考えられます。配管には塩ビ製のものと金属製のものがありますが、どちらのものも使っているうちにだんだんと劣化してしまいます。劣化をすると当然のことながら水漏れをしやすくなってしまいます。
ごくまれには自力で修理をすることもあるのですが、非常にむずかしいものです。更には、配管の劣化の場合には業者に修理を依頼することが必要です。配管は水回りを正しく使用していれば、10年程度はトラブルなく使用することができます。しかしながら、ゴミなどをむやみやたらに流してしまうと劣化の速度を高めてしまいます。また、強いアルカリ性の溶液などを流してしまっても同様に劣化の速度を高めてしまいます。

蛇口 交換の可能性
水回りのトラブルの原因としては蛇口のトラブルも考えられます。蛇口は頻繁に使われる場所ですので、その分トラブルが多くなります。ネジなどが緩んでいて、トラブルが起きてしまっている場合には、ネジの締め直しをすると良いでしょう。必ず専用の工具を使わなくてはなりません。専用の工具を使わないと蛇口自体を逆に破損してしまう可能性がでてきてしまいます。蛇口部分のパッキンが劣化してしまいトラブルになってしまうこともあります。パッキンを交換すれば元の状態に戻すことが出来ます。パッキンの交換作業も必ず専用の工具を使わなくてはなりません。水道の元栓をしっかりと閉めておかないと交換作業中に家の中を水浸しにしてしまう可能性がでてきますので要注意です。
一方で蛇口自体が破損している場合には蛇口をすべて交換することが必要になります。蛇口全体の交換作業は自力で行うことは難しいので、専門の業者に工事を依頼するようにしなくてはなりません。新しい蛇口に交換した後は蛇口の破損を防ぐことを考えて無理な力を蛇口に与えないで使うようにするといいでしょう。

■トイレのトラブルの可能性

トイレのトラブルによっても水回りのトラブルが発生します。トイレが詰まってしまうとそれが原因で水漏れが起きてしまうことも考えられます。初期のつまりであれば、ラバーカップなどによって解決することもできますが、完全に詰まってしまった場合には専門の業者に交換修理を依頼しなくてはなりません。トイレの配管の交換も必要になります。トイレの詰まりの原因のひとつに紙が挙げられます。紙の使用量を減らすことを考えて、ウォシュレットを導入してみてもいいでしょう。トイレの汚れはつまりの原因になりますので、こまめにトイレの掃除を行うことも重要です。

■まとめ
自宅の水回りのトラブルの原因としては、パイプ、蛇口、トイレの故障が考えられます。それぞれ、普段からケアフルに水回りを使用することによって、故障の頻度を減少させることが出来ます。水回りは常に清潔に保つようにして、掃除を欠かさずに行うようにすることが必要です。水回りのメンテナンスを行う場合には必ず専用の工具を使うようにしなくてはなりません。正しい方法でメンテナンスを行わないと逆に水回りを破損してしまうかもしれません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース